声優になるためにまずは声優学校に入りたい、という方は多くいます。声優はなりたいからと言ってすぐに現場に行ってなれるものではなく、きちんと勉強をした方が新人でもとってもらいやすく、学校に行っていないとコネも何もなく、応募する方法すらわからずに結局なれないということが多いからです。学校を選ぶためには、インターネットで調べたり、学校を回ったりという方法が考えられます。一番大切なのは、体験入学をしてみるということです。しかし、体験入学をしたからと言って安心してはいけません。体験入学に行ってきちんといい学校かどうか見極めることが必要です。一つの学校に行ってみて納得してしまうのではなく、様々なところを比較してみることが大切です。すぐに申し込んでしまうのは危険です。

まずは体験入学を申し込んで行ってみる

声優になろうと決めたら、まずは声優学校に体験入学に行ってみましょう。ただし、前にも述べたとおり一度行っただけですぐに決めてしまうことはやめた方が無難です。行ったら必ずチェックしなければならないことがあります。それは、きっちりとしたレッスンを行っているかということ。これは大前提です。学校の中には授業料を取るのだけが目的で、しっかりとしたレッスンを行っていないところもあります。体験入学でこの人にならば教えてもらっても大丈夫だと思う先生がいるかどうか、そして、親身になって相談を聞いてくれそうかということを確かめましょう。同じ学校に何度も体験入学に行くというのもありです。もちろん、違う学校にいくつか行ってみて、自分に合うところを探した方がいいのは言うまでもありません。

卒業生の進路についてきちんと調べる

体験入学に行った時に確かめなければならないのが、卒業生がどんな進路に進んでいるかというのを確かめることです。これもかなり重要なことです。声優学校と言っても、有名な声優を輩出していないところもあります。その学校を卒業してから本当に声優になった人がいるかどうか調べて、信用できるかどうか確かめるのは絶対にやっておいた方がいいことです。中には声優にならずに舞台俳優など別の道に進んでいる人もいる場合があるので、そういったことも調べておくといいでしょう。体験入学に行った際に先生に聞いてみるのもいいですし、インターネットでも調べることが出来ます。本気で声優になりたいのなら、自分に合った学校で、さらに本気で声優を輩出しようとしている学校かどうか見極める必要があります。