車検の費用はいくら?おすすめ情報ガイド

三角の画像

TOP > 車検の費用についての豆知識 > 安い費用で車検を利用しても大丈夫なのか

安い費用で車検を利用しても大丈夫なのか

自動車のオーナーであれば誰でも2年に一度は車検を受けなければ、自動車で公道を走行することはできません。
ここに車検とは保安基準に適合していることを確認するために方低項目を分解点検整備することを言います。
定期的にまとまった出費が必要になるので、ガソリンや軽油などの燃料費と同等のドライバーにとって頭の痛い問題です。
どうせなら一円でも安く車検の費用を抑えたいものですが、だからと言って自ら陸運局まで自動車を持ち込む「ユーザー車検」はお勧めできません。
エンジンルーム内のパーツ交換や整備に精通する人の自動車整備の腕前でも持っていない限り、一般人が対処できるほど簡単な作業ではないからです。
おまけに陸運局の空いている平日日中に時間を見出す必要もあるのです。
プロの手に車検はお任せするのが現実的です。


ところで車検を依頼するには、購入したカーディーラーに持ち込んで行う方法が一般的です。
カーディーラーで車検を依頼することのメリットは何といっても安心感の高さにあります。
仮に交換部品や整備不良が見つかっても新品のメーカー純正品に変えてもらえるので整備後の安定感の高さとメーカーの品質保証も附属するので信頼性の高さも抜群です。
ただし新品の交換部品を使用するのでパーツ費用も工賃も高くなるので費用が高くなりがちです。
また次回の車検時まで交換しない状況でも大丈夫な状態に維持することを目的に整備するので、まだ1年程度は交換しなくて済む場合でも、交換されてしまうので費用がかさむ傾向があるのは確かです。
費用を抑えたいなら民間の自動車整備工場や各サービスステーション網の自社工場で行う車検の選択肢もあります。


まず民間の自動車整備工場を利用する場合ですが、これは事業者の経営方針によっても整備内容は異なってきます。
自分で自動車メンテナンスをする自身が無いなら、信頼出来る自動車整備工場に御願いすれば問題ありませんが、費用については特に注文をつけないと交換すべき部品は整備対象にされてしまうことも多く想定以上の費用がかかったと言う場合も少なくありません。
ところで各社のサービスステーションを窓口にしたり、全国規模で展開するカー用品販売店が窓口になっている車検では、事前の見積もりを綿密に行い費用面での相談に応じてくれるのが一般的です。
見積もり時にはお客様の立会いの元で追加整備箇所の確認なども行うので重視しない箇所の整備などは省略できりこともあります。
ただしスケジュールがタイトで柔軟な対応が難しい場合もあるようです

次の記事へ