車検の費用はいくら?おすすめ情報ガイド

三角の画像

TOP > 車検の費用についての豆知識 > 知っておきたい車検にかかる費用の相場

知っておきたい車検にかかる費用の相場

自動車を持っている方は様々な整備やメンテナンスの費用が悩みどころかも知れません。
その中でも「車検費用」は高額になりがちで気になる所でもあります。
車検の費用に関する事を確認して活用しましょう。
車検は正式な名称が「自動車検査登録制度」と言い3つの種類があります。
「構造変更検査」と「新規登録検査」そして「継続検査」となり、継続検査の事を車検と呼ぶケースが一般的です。
自動車や、250CCを超える排気量の自動二輪車が安全に走行ができる事などを検査して、基準に合格した車が引き続き継続して公道を走る事ができます。
また車検では自動車の所有権の登録という側面もあり、登録が無い自動車は公道を運行する事ができません。
車検を受ける事が出来る場所は様々で、自動車ディーラーや整備工場の他、ガソリンスタンドなどでも受け付けている場合が増えています。


乗用車では2年ごとに(新車購入時では3年)に検査を受ける事が必要で、有効期限満了日の1ヶ月前より受ける事が可能となっています。
費用面として、車検時には同時に重量税と自賠責保険料も収める事が前提となり、この部分は必ずかかる費用となります。
基本的な料金はこの法定費用の他に「車検基本料」と「部品交換代」が主な費用を占めます。
車検基本料は代行手数料や点検料が含まれ、行う業者によって設定額は変化します。
部品交換代は車の点検をして車検に通過しないような部分や、安全性を考慮した上で交換した方が良い部分などの修理を行う際に発生しますので、車の状態により異なります。
車検の費用は自動車の重量や排気量などでも変わってきます。
重量などが増えるほど法定費用である「自動車税」や「重量税」が高くなります。
これは車検時には必ず収める物ですが、車検を受けなくても発生する税金ですので、使用していない車でも収める必要があります。


自動車の車種別でのおおよその費用相場として、小型乗用車(排気量が1500CCほどの物)では総額の費用が85000円?95000円程度となり、これにプラスして車の状態によって整備費用や部品代などがかかります。
軽自動車のケースでは自動車税などが普通車に比べて安いので、総額費用が68000円?78000円程度とされます。
普通車の場合と同様に整備費用などが上乗せされていきますが、これらは一般的な相場ですので車検を依頼する業者などで上下するでしょう。
その業者別の費用相場ですが、自動車ディーラーの場合は車の安全性を重視した整備を細かく行う分、検査代行料が割高となります。
ガソリンスタンドやカー用品店での車検はディーラーと比較すると安くなっている場合がほとんどです。
手数料や点検料を抑える事で価格の安さにも繋がっています。
車を自分で検査場に持ち込むユーザー車検も利用者が多くなっています。
代行料や検査料がかかりませんので格安で行えますが、車の状態によっては検査を通過しない事も考えられます。
その場合は整備工場などに依頼して、修理などをする事になりますので注意が必要です。