車検の費用はいくら?おすすめ情報ガイド

三角の画像

TOP > 車検の費用についての豆知識 > 車検の費用を抑えながら高い満足度を得るには

車検の費用を抑えながら高い満足度を得るには

常日頃から安心して自動車を運転することができるのは、互いに安全に走行するに足りるメンテナンスが行われていることを当然の前提にしているからです。
もちろんなかにはエンジンルーム内の構造を熟知しある程度のパーツは自分で交換する人もいますが、そのような人はむしろ例外的ですべてのドライバーが自動車のメカニックの詳細に通暁しているわけではなく、自動車走行の為の運転技術を身につけているだけで自動車メンテナンスはまったくお手上げの人も少なくありません。
このように自動車メンテナンスは全くできないドライバーの存在を前提にしても、信頼して公道を走行できるのは車検制度が整備されているからです。
他方で費用がかさむのも事実です。
そこで車検の費用を抑えながら、安心した仕上りを得るための注意点を確認してみましょう。


まず車検をどこの自動車整備事業者に依頼するべきかの問題があります。
費用面を度外視して高品質の仕上りと安心感を追求するなら、カーディーラーに依頼する方法です。
仮に整備不良が発見されてもメーカー純正品新品で交換することになるので安定感が違います。
しかるに追加整備が綿密になるので費用がかさむ傾向があるのは事実です。
費用面でも整備の仕上り面でも満足できる結果を求めるなら、地域密着型の自動車整備事業者に依頼するのがお勧めです。
地域密着型ならいい加減な整備や法外な追加請求などを行えば悪い噂は一瀉千里で地元に流布されてしまい、営業を継続するのに支障をきたすことになるので、クオリティーの高くリーズナブルな費用での車検を実践するように、強力なインセンティブが働くからです。


信頼出来る事業者の見極めのポイントは、「国土交通大臣認証」や「陸運局指定」などの金属プレートの看板を入口脇に掲げているかにあります。
この行政庁のお墨付きともいえるものを取得していると、陸運局に自動車を持ち込むことなく最終工程まで完遂できる確かな整備技術と専門スタッフが在籍していることの証明とも言えるものです。
さらに車検実施後に当初の見積もりからかけ離れた請求がなされる、と言うのが車検の費用を巡るトラブルの典型的な事例です。
このような事態を避けるためには、事前に整備の明細を質問する姿勢が大切です。
ドライバーのコスト感覚の高さが意識されて、車検の事前見積もり時に整備内容の概要や交換部品が必要な追加整備などが発生した場合には、お客様に納得のいくまで説明を行い了承を得てから作業に着手する自動車整備工場も主流になりつつあります。

次の記事へ