車検の費用はいくら?おすすめ情報ガイド

三角の画像

TOP > 車検の費用についての豆知識 > 車検はどこで受けると良いのか考える

車検はどこで受けると良いのか考える

車を所有する人は、必ず車検を受ける必要があります。
新車購入時には3年後に、その後は2年に一度車検を受ける制度があり、車検期限が来ても車検を受けることなく道路を走ることは、許されていません。
もし車検を受けずに道路を走行したとなると、無車検車運行となり、罰則を受けることになってしまいます。
この場合、6ヵ月以下の懲役ないしは30万円以下の罰金となってしまうのです。
更に、車検が切れていると言うことは、自賠責保険も切れている可能性が非常に大きくなります。
この保険が切れていることで、1年以下の懲役もしくは50万円の罰金となり、30日の免許停止に追い込まれます。
そのため、車検に期限間近になると、注意喚起を含めてディーラーなどから車検の案内が送られて来ることになります。
そして車検を通すためには、点検整備を受け、自賠責保険に新たに入ることが必要となるのです。


多くの人が悩むことになるが、車検費用です。
ディーラー、整備工場、ガソリンスタンド、カー用品店など、幅広い所で行われることもあり、更には費用も差も大きく、どこに出すことがベストな方法なのか悩む人も多いと思われます。
基本的な考えで行くと、車検にかかる費用として、自動車重量税、自賠責保険、印紙代、そして点検整備費となります。
このことで判るのが、誰が車検を行ってもかかるものが、税金と保険と印代と言うことになります。
その他の料金の差で、車検金額が高くなるのか、安くなるのかの差となる訳です。
そのため本当に費用を安く抑えたい人は、自分自身で車を車検場に持ってゆくことです。
点検整備の不必要な車ですと、税金、保険料、印紙代以外にかかるものはないのです。
多くの人が悩むことになるのは、整備点検料となると知っておくべきでしょう。


点検費用での違いは、点検の内容により変わって来ることになります。
ディーラーが部品交換する場合は、製品はメーカー指定のものとなり、価格が高めになる場合が多くあります。
しかしそれ以外の所で交換する場合、メーカー指定がないこともあり取引先から価格が安くなる商品を使うことになります。
品質に差はありませんが、拘りのある人にはディーラー車検がお勧めになります。
またガソリンスタンドなどでは、燃料を入れてもらう目的もあることから、室内清掃などのサービスを徹底することもあります。
車の安全を期すものですから、点検整備には手を抜くことがありません。
どこで車検を受けるのかは、普段のお付き合いがあったり、費用だけを考える人もいることになります。
しかし、無駄のないようにすると言うことだけは、十分に注意が必要です。

次の記事へ