車検の費用はいくら?おすすめ情報ガイド

三角の画像

TOP > 車検の費用についての豆知識 > 車検を頼んで行ってもらう場合の費用とは

車検を頼んで行ってもらう場合の費用とは

新車なら買ってから3年目に、その後は2年ごとに巡ってくるのが車検です。
中古車を買ったのであれば、いつが車検日になるかに注意しておく必要があります。
自分で行うユーザー車検という方法もありますが、たいていの人は自動車を買ったディーラーや、修理を依頼している自動車整備工場などに頼んで、まるごと車検手続きをお願いすることがほとんどです。
その際に必要な費用にはどのようなものがあるのか、特に初めての車検を迎えるという人はあらかじめ知っておいた方がいいでしょう。
それというのも、車検をお願いしてやってもらうとなると、そこそこまとまった金額のお金が必要になるからです。
何にどのくらいの費用が必要で、トータルでいくらくらいになるかがわからずに不安なときは、頼む前に大体の金額を聞いておくのがお勧めです。


大体の費用の計算をしてもらって金額を教えてもらい、そんなにかかるのかとびっくりしたとしても、車検をパスしないことには車に乗ることはできません。
そのため、どうしても支払わなくてはならない費用と、場合によっては抑えることができる費用について知っておくことがポイントです。
車検の費用には、国及び保険会社に支払うべき費用として絶対に変わることのない値段になっているのが、自動車重量税、自賠責保険料、さらに検査手数料があります。
これらに加え、車検をパスするために事前に整備工場で車の状態をチェックしてもらうために必要なのが、点検及び整備料金です。
点検と整備は国家資格保持者である自動車整備士が担当してくれますが、できるだけ費用を抑えたいとお願いすれば、車検をパス出来るだけの必要最低限の整備にとどめてくれる可能性があります。


整備士の腕によって車検前の点検整備代金が変わることにより、費用を抑えるという方法でも、実際のところあまり期待しない方がいいでしょう。
審査をクリアするためには24か月点検と呼ばれる点検整備が必要で、これは56項目において審査されることから、費用を気にしているお客さんのためにできるだけお金がかからないようにしようとしてくれたとしても、56項目だけはどうしても譲ることはできません。
ただ、タイヤの溝のすり減りの場合は、4本すべてを履き替えるのではなく、摩耗が激しく、審査に通らないと思われるものだけを交換するといった具合に、配慮してくれるでしょう。
他に費用を削減するには、引き取り料と納車料を省くために、自分で運転して整備工場に持って行き、車検が終わったという連絡をもらったら取りに行くということくらいで、基本的に車検を頼んでやってもらうには、ある程度まとまった費用の支払いは避けられないと覚悟しておくしかないといえます。

次の記事へ