車検の費用はいくら?おすすめ情報ガイド

三角の画像

TOP > 車検の費用についての豆知識 > 車検費用を抑えたいならどんな方法があるのか

車検費用を抑えたいならどんな方法があるのか

自動車ドライバーなら二年に一度は車検を受ける必要がありますが、費用を少しでも抑えたいと感じた経験を一度は誰でも心当たりがあるものです。
そこで車検の費用の内容や安く抑えるためのポイントなどについて検討してみましょう。
そもそも車検とは公道を走行するための保安基準を充たしていることを確認するために、分解検査するというものです。
検査項目を通過するためには必要に応じて部品交換を行ったり、各種の整備をあわせて行う場合もあります。
ここで車検費用を安くするために、自ら管轄陸運局に自動車を持ち込んで検査員の目前で作業を行う、ユーザー車検と言うものがありますが、この選択肢はお勧めできません。
自らエンジンルーム内をいじるほどの車好きでもない限り、面倒な作業が必要で平日に時間を見出す必要もあるからです。


そこで車検の実際は国土交通大臣の認証や陸運局の指定を受けた、自動車整備工場で受けることになるのが一般的です。
この陸運局などの指定の有無は自動車整備工場の入口脇に金属製のプレートで設置されているので誰でも確認することができます。
行政庁からのお墨付きがないと陸運局まで自動車を持ち込んで最終検査を受けることになるので注意が必要です。
ところで車検の窓口は、カーディーラーや自動車整備工場に直接申し込む方法と、ガソリンスタンド等のサービスステーションなどを窓口に系列の整備工場で行う方法の2つがあります。
どちらを選択するのがお勧めなのかは、コストをどの程度見込むかに左右される部分が大きいと言えます。
昔から馴染みの整備工場があれば、毎回そこに車検は御願いすると言う方も多いことでしょう。
他方で道路を走行すると車検受付を掲げるガソリンスタンドも見受けることができます。


自分では自動車のメカニックの知識もないし自動車整備もまったく不案内と言うのであれば、カーディーラーや自動車整備工場に依頼するのがおすすめです。
次回の車検時までイレギュラーな事態が無い限り経年劣化による故障や不具合の出ないように、丁寧な整備付き車検を期待出来るからです。
しかしここで問題になるのがいわゆる「過剰整備」の問題です。
本来であればまだ1年から半年くらいは使用に堪えるはずなのに、次回の車検までを前提にすることで、部品交換することで万全を期すと言うわけです。
そこでよりリーズナブルな車検を追求するなら、サービスステーションや全国規模のカーパーツを取扱う店舗が窓口になっているお店で車検を受けることです。
事前点検の立会いなど透明度が高く、予算にもある程度あわせてくれるメリットがありますが、他方で繁忙期では予約を取りづらいというデメリットもあります。

次の記事へ