車検の費用はいくら?おすすめ情報ガイド

三角の画像

TOP > 車検の費用についての豆知識 > 車検費用を抑えるためにできること

車検費用を抑えるためにできること

公道を走行するためには定期的に車検を受ける必要があり、車検時期が近づくにつれて憂鬱になる方は少なくないでしょう。
車検の費用を少しでも安くするには、ガソリンスタンドやカー用品店がお得と言えます。
より高品質の点検整備を受けるならディーラー車検がおすすめですが、価格は最も高くなると考えてよいです。
安さと品質のどちらに重きを置くかがポイントになりますが、最近はスタンド車検の品質が向上しており高い費用対効果が期待できます。
ディーラー品質を強みにしているスタンド車検も登場しており、点検整備の実績が豊富にあるため安心してまかせられます。
費用を抑えるためには早期予約がおすすめで、早く予約するほど割引率を高くしてくれることが多いです。
ほかにも代車無料などの付帯サービスを利用しないことで、値引きしてくれる会社もあります。


ネットが普及した現在は気軽に各社の車検サービスを比較できる時代になりました。
費用を抑えるためにはなるべく多くの業者と比較検討し、費用対効果のよい会社を探すことが大切です。
ただ自宅から遠すぎると納車するのが大変ですから、遠方すぎる会社は避けるべきでしょう。
自宅からなるべく近く、普段から利用しているスタンドなら理想です。
ガソリンの値引きサービスを用意している会社もあり、リッターで10円も引いてくれるところもあります。
こうした付帯サービスも比較し、次回の車検までの総費用をシミュレーションしてみるのもおすすめです。
スタンドによっては次回車検までの点検整備の費用も無料にしてくるところがあります。
自身のカーライフのスタイルによって最もお得な会社は変わってきますので、事前の比較検討は欠かせません。


自身の希望条件によっても車検費用は大きく変わってくるので、安くしたい場合は希望を減らすのがおすすめです。
例えばタイヤがある程度摩耗していても、6ヶ月程度は使用できるという状況なら無理に交換する必要はありません。
車検を依頼するときになるべく安くしたいと伝えれば、費用を最小限にして点検整備をしてくれるでしょう。
過剰整備を求めてくる会社は少なからずありますので、今すぐに交換が必要なのか聞いてみることも必要です。
そうした意味でも馴染みのスタンドを押さえておけば、無理な過剰整備を要求されなくて済みます。
一回きりの使用になると相手側も少しでもお金を回収したいという心理が働くので、まだ使える部品の交換を迫ってくるケースがあるわけです。
車検を受ける前に相場を比較サイトで調べておき、高すぎる金額を提示された場合は交渉してみてください。

次の記事へ